【根性がどこか曲がっている】 韓国人教授「ワシントンDCの桜祭り、米国と日本の友好を強調するイベントに心が痛んだ」

58pt   2017-04-16 19:22
まぜるな!キケン!!速報

1: LingLing ★@無断転載は禁止 2017/04/13(木) 16:45:05.82 ID:CAP_USER ■苦々しいワシントン桜祭り

毎年4月になると、韓国もワシントンDCも薄いピンク色の桜の花が春の日を飾る。

儚く美しく咲いて飛び散る桜が誰かの言葉通り、残忍なほど美しい。

先週末、学会参加のため韓国でワシントンDCを訪問した知人と一緒に桜祭りがピークだったトーマス・ジェファーソン・メモリアルに行ってきた。

知人は「韓国と気候が似ているから、ここにもこんなにたくさんの桜が咲くのか」と尋ねた。

彼の問いに、私も昨年に初めて知った少し悲しいDCの桜の話を伝えた。

1905年、米国と日本の間には桂・タフト密約が結ばれた。

日本の韓国への植民支配と米国のフィリピン支配を互いに黙認しようということだった。

その直後、当時、米国のウィリアム・タフト大統領の夫人だったヘレン・タフトが日本の桜に感動すると、日本側が1912年、沢山の桜の木を送ってくれたことからワシントンDCの桜の話が始まった。

この事実を知らない時はひたすら綺麗な花だと認識していたから、韓国人としてはやや悲しい思いもした。

それでも、過去に縛られたくないので美しい自然は自然としてみようという考えを昨年に持ったものだ。

しかし、今回いざ桜祭りに呼ばれ各種のイベントが行われているのを初めて見ると、多くの日本の大企業、大使館が後援し、米国と日本の友好を強調するイベントだった。

花の木に沿いゆっくり歩いていくと日本と米国の友情の塔も見られて、その場に立って説明板を読んでみると、思った以上に日本が自国と米国の友情を強調していた。

日本が多くの米国人たちにどのように位置づけられて、100万を超える観光客が集まるこの時期をどれほど戦略的に利用しているのか、分かるようだった。

その全ての事を過去ではなく現在に見た瞬間、韓国人としてどうしようもなく心が痛んだ。

「これほど友情強調しながら、少女像撤去してほしいのか?」と考えたら、問題が過去にあるのではなく現在にもあることに多くの面から残念に思った。

桜の木の話は米国初代大統領ジョージ・ワシントンの幼い頃のエピソードにも出てくる。

木を斧で切って素直に自分がしたことを告白し、許しを得て彼の正直さを示したというエピソードはかなり有名だ。

ワシントンのように日本が素直に自分がしたことを告白して反省するなら良いが、日本はまだ隠そうとしている。

実はワシントンの桜の木のエピソードは作られた話だという説が強い。

桜祭りが盛んな今、日本が歴史の前でどのようなエンディング(※K-POPソング『桜エンディング』)を歌うかが気がかりだ。

美しい花はただ美しい花そのものを楽しむことだけでなく、その関係した人や国家は考えなくてもいいエンディングが来たら良いだろう。

そうもいかない4月は依然として残酷な月であるようだ。

<ヤン・ジスンメリーランド大教育学教授>

ソース 米州韓国日報(韓国語)
http://koreatimes.com/article/20170410/1049809

【韓国メディア】 「ワシントンの王桜も済州島産」 韓国と日本は100年以上、原産地戦争を繰り広げ★3[02/11] [無断転載禁止]c2ch.net
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1486812289/
【韓国】 綺麗だが胸の痛むワシントンの桜…「桂・タフト密約」を記念、米日友好関係増進のため日本が寄贈[04/04] [無断転載禁止]c2ch.net
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1491255963/

引用元: ・【少女像問題】 韓国人として苦々しいワシントン桜祭り 日本が自国と米国の友情を強調[04/13] [無断転載禁止]©2ch.net

c?ro=1&act=rss&output=no&id=6148780&name
   笑えるまとめサイトトップページへ
の話題が沢山。